日本の軟水と西洋の硬水と

日本の水は結構「軟水」なので、日本人にとっても親しみやすく、飲みやすさがありますよね。一方、海外の水は、胃腸が弱い人が飲んだり、定期的大量に飲んだりすると下痢になる事もあるので用心しなければいけません。これは硬水と呼ばれ、エビアン、ペリエといったところが有名。日本の軟水は、内蔵されるミネラル成分が少ない水の事です。
硬水は重たい口当たりになりやすく、味やクセなどがあり飲みにくさを感じる人も少なくありません。成分がミネラル成分が豊富であることで体内へのミネラル補給にも役立ちます。カルシウムやマグネシウムといったミネラル成分が多く含有されている水。これはこれでいいですよね。
一方、軟水はミネラル成分が少ないため、口当たりがやわらかくまろやかです。材質の味を引き出す力があり、より美味しさを味わう事ができます。味やクセもないので、お米を炊いたり、コーヒーや紅茶、お茶として活用したりするのにも向いています。日本の軟水なら、いろはす、南アルプスの天然水、六甲のおいしい水が有名どころのブランドです。煮物といった料理に使用するのにも最適ですね。
このように、一般的にミネラルウォーターとよばれるものには、大きく分けて硬水と軟水があるのです。

生命保険の選び方|